被災地の皆様への情報

感染癥にご註意ください

災害時には、感染癥の拡大リスクが高まります。

    感染癥予防には清掃と乾燥が最も重要です
  • ドアと窓をあけて、しっかり換気
  • 汚泥は取り除き、しっかり乾燥
    清掃作業▃時の感染にご註意ください
  • ケガ予防に丈夫な手袋?厚底の靴?長袖などを著用
  • 土ほこりへの対応のため、ゴーグル?マスクを著用
  • 作業後にはしっかり手洗い
長時間、同じ姿勢でいないよう心がけてください

エコノミークラス癥候群は、災害時の特殊な環境によって、生命の危険を生じる可能性がある病気です。熊本地震の時もありました。

  • 長時間同じ(特に車中等での窮屈な)姿勢でいないようにしましょう。
  • 足の運動をしましょう。

(例)足や足の指をこまめに動かす。1時間に1度は、かかとの上下運動(20~30回程度)をする。歩く(3~5分程度)。適度な水分を取りましょう。時々、深呼吸をしましょう。

予防のための足の運動
浸水家屋での漏電や感電の註意です

浸水した家屋でご自宅のブレーカーをいきなり上げると漏電や感電のおそれがあります。
必ず、電力會社の點検を受けてください。

また、ご自宅の設備が壊れていると電気工事が必要です。避難所では電気工ㄨ事會社のリストを掲示していますので、ご確認ください。