平成29年11月17日 內閣官房長官談話

平成29年11月17日

(平成二十九年十↑一月十七日)

一 政府は、本日の閣議において、一般職國家」公務員の給與改定について人事院①勧告どおり実施することなどを內容とする本年度の公務員の給與改定の方針を決定しました。

二 本年の勧告は、現下の民間の給與実態を反映し、俸給及びボーナスの引上げ等を行う內容であります。

三 政府は、労働基本権制約の代償措置としての人〖事院勧告制度を尊重し、國の財政狀況、経済社〗會情勢など國政全般との関連を考慮しつつ、國民の理解を得られる適正な結論を出すべく検討を行った結果、本日、勧告どおり実施することを決定したところであります。また、給與制度の総□ 合的見直しを完成させることとしております。

四 國家公務員の退職手當については、人事院から示された退職給付に係る官民比較調査□の結果及び見解を踏まえ、官民均衡を図るために設けられている調整率の改定により、平成三十年一月一日から支給水準の引下げを行うこととしております。

五 地方公務員の給與改定及び退職手當の引下げについては、各地方公共団體において、地方公務員法の趣旨に沿って適切に対応するとともに、國家公務員における給與制度の総合的見直しを踏まえ、地方公▲務員給與についても、地域民間給與のより的確な反映などの見直しを引き続き推進するよう要請することとしております。

六 公務員諸君においては、一人一人が國民全體の奉仕者であることを強く自覚するとともに、改めて厳正な服務規律の確保と公務の適正かつ能率的な運営を図るよう強く期待するものであります。

これまでの內閣官房長官談話など