平成30年2月1日 サイバーセキュリティ月間における菅內閣〇官房長官メッセージ

平成30年2月1日

 內閣官房長官@の菅でございます。サイバーセキュリティ月間を迎えるに當たり、一言申し上げます。

 近年、パソコンやスマートフォンだけでなく、家電、自動車など、身の回りの様々な物がインターネットに接続され、國民生活や社會経済活動を営む上で、幅広い世代がサイバー空間を活動の場としています。

 その一方で、ランサムウェアなどにより、企業や個人を狙った被害が増加するなど、サイバー攻撃によるリスクは、ますます深刻化しています。
 また、我が國では、2020年に、東京オリンピック?パラリンピック競技大會が予定されており、大會成功のため、サイバーセキュリティ対策に萬全を期す必要があります。

 そこで、政府は、重要インフラ事業者のみならず、中小企業や國民の一人一人に至るまで、全ての皆様が、サイバーセキュリティの重要性を認識し、自ら進んで対策を講じていただけるよう、2月1日から3月18日までをサイバーセキュリティ月間とし、産?官?學?民が連攜して啓発活動を実施します。

 期間中、全國各地で多數のイベントが開催されます。是非、これらに禦參加いただき、サイバーセキュリティに対する関心を高める一助にしていただければと存じます。

 政府のサイバーセキュリティ対策に対し、今後とも、皆様の禦理解と禦協力をお願いします。

平成30年2月1日 サイバーセキュリティ戦略本部長
內閣官房長官 菅 義偉

これまでの內閣官房長官談話など